--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/01.Wed

ご無沙汰しております。

なかなか更新できず、すみません。

さて、コメントや拍手でたくさんのご意見を頂いています。
以前はひとつずつお答えしていたのですが、こちらの記事で
私の意見としてまとめて書いたほうがいいかなと思ったので
今回からそうします。
「どうしてもこの質問の返事が聞きたいのにスルーされている!」という方は
申し訳ありませんが、もう一度拍手に書き込みをお願いします。

※コメントや拍手は必ず読んでいます!が、見落としがないとも限らないので・・・。

今回は、最近拍手を頂いた方から。
・「おられる」は尊敬語ではないでしょうか

地方によっては尊敬語として使われているところもありますね。
「敬語の指針」も読んでみましたが、「おる」は「謙譲語」に入っていて
「おられる」はまだ「尊敬語」として認められる形ではないようです。
すべての日本語の教科書を見たわけではありませんが、私がみたところ
日本語の教科書にも「おられる」という「尊敬語」はないようです。
私は「日本語の教科書」をよりどころとして教えているので
教科書に載っていないことは「正しいこと」として教えるのは避けて
「そのように言う人もいます」という言い方をしています。
「おられる」が尊敬語になりました!と文化庁が発表すれば「尊敬語」として教えます。
「おられる」が辞書に載っていることについては、「まあそんな考え方もありますね」としか
言えません・・・。


・「ご持参ください」は正しいのでしょうか?(「敬語の指針」ページ39より)

この回答の書き方だと「許容範囲」だと思います。
「持参」でもいいけど、「持参」が気になる人は「お持ちください」と言ってはどうですかと
いうことですから。
「参」のイメージに引っ張られると、上げてるのか下げてるのかどっち?と
わからなくなりますね。


・日本語教師になるには「養成講座を受講する」か、「四年制大学で専門的に勉強する」か
 どちらがいいでしょう?

難しい問題ですね。
どちらにしても「行けば絶対採用される」とは限りませんし。
もし私だったら、という仮定で答えると、

「四年制大学で日本語以外の学科に入り、卒業。どうしても日本語教師になりたかったらそのあと養成講座に
行く」

と思います。(余裕があれば大学在学中に養成講座に通うとか)


・なぜこの職に就かれたのですか?楽しいですか?

日本語教師の前は、高校で常勤や非常勤の国語教師をしていました。
高校教師の仕事がちょっと途切れた時に「日本語教師養成講座」に通い
講座終了後に運よく講師として採用されました。
1回目の就職活動で採用されたので、他は考えなかったというのが大きな理由です。
(それまでの職場より、日本語学校が近かったというのも大きいかもしれません)
実際に教壇に立つまでは「日本語を勉強したい外国人のほうが(高校生より)学習意欲が高いに違いない!」
と思っていましたが、そうでもなくてちょっとがっかりでした(笑)
大変なこともありますが、私にとっては楽しいことのほうが多い仕事です。
かといって、積極的に「日本語教師になったほうがいいよ!」とは言いません。
(給料が安いですからねぇ・・・)
スポンサーサイト
ブログ拍手のお返事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。