--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/23.Sat

新聞広告の掲載。

ご依頼がありましたので(まぁだいたい友人・身内・知り合いからなんですが)
新聞広告に掲載される日をお知らせいたします。

今回割と大きな扱いにしてくださっているようです。

5月23日(土)・・・今日です、すみません!

関東
讀賣新聞(多分朝刊)


5月24日(日)

関東
朝日新聞(多分朝刊)

関西
讀賣新聞(多分朝刊)
朝日新聞(多分朝刊)


宜しくお願いいたします。

お知らせでした!

※関東・関西がどのあたりまでなのかは、ちょっとわかりません・・・
  もし掲載されていない地域がありましたらすみません!
 
スポンサーサイト
お知らせ | Comments(12)
Comment
初めまして
本日、書店の店頭で見かけた際思わず手にとって買ってしまった者です。
凄く面白かったです! 日常生活では気にしないことばかりで、母国語といっても知らないこと盛りだくさんなんですね(母国語だから?)。
それと、生徒さんが愛らしくて愛らしくて……! 生徒さんと一緒に成長できる日本語教師って職業が(大変なことも多いのでしょうが)非常に魅力的に見えました。


以下、本題なのですが。
このブログのテンプレート、非常にかわいらしいのですが過去ログにさかのぼりずらいのです……。月別のアーカイブで過去の記事を拝見しましたが、ブログの一番下に「次のページ>>」といったリンクが表示されていたら良かったなぁ、と……。
日本語の知識についてもちょこちょこ書かれているようなので、できれば新しくブログを読み始めた人のためにも、そういったリンクが表示されるテンプレートにしていただけると嬉しいのですが……。

いきなりこんな書き込みをして、気分を害されたらすみません!
あくまで私が勝手に感じたことなので、アレでしたらスルーしてくださってかまいませんので……!

web連載楽しみにしています! できれば本も第二弾を……!
とくめいきぼうさま
本のお買いあげありがとうございました!
そしてコメントありがとうございます。

> それと、生徒さんが愛らしくて愛らしくて……! 生徒さんと一緒に成長できる日本語教師って職業が(大変なことも多いのでしょうが)非常に魅力的に見えました。

いやぁ、学生が伸びていくほどには、こちらは成長していないような気がします・・・。
意気込みとか、環境が全く違うからなんでしょうか。
本当に頑張っている人が多いと思います、学生は。
(一応私も頑張ってるんですけど!)

さてテンプレートなんですが、わからないなりに、いろいろ試してみました。
いかがでしょうか?
ちょっと明るすぎるかもしれません。
また何かお気づきの点がありましたら、お知らせください。
ご意見ありがとうございました!

> web連載楽しみにしています! できれば本も第二弾を……!

第二弾、出版が決定しております。
皆さんに楽しんでいただけるよう、頑張っております~。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
日本の中学校でも
中学校の国語科・道徳教師をしています。
たまたま行った書店でたまたま拝見し表紙だけで買っていました。
で、自宅戻り拝読したところ、いやあ、驚いた。私の知らない事実が3分の1!自分の勉強不足を恥じ、生徒へ還元していこうと思っています。つまり『日本人の知らない日本語』の授業化を目論見中。先生のおっしゃるとおり、日本の学校の国語科では「日本語」を体系的に教えていないのです。日本語は実におもしろい言語なのに。このあたりをヒントにして、構想中。
すばらしい本、ありがとうございました。
第2弾期待しています!
担任しているクラスに置いておこうと思います。日本語教師という仕事を生徒はしらないので・・・・

ところで、静岡では「を」を「wo」と発音しているような気がします。
勘違いかも知れませんが・・・・
小学校で「wo」と教えられたような気もします・・・・

勘違いでしょうか?

手に入れました
年を取ってあまりゲラゲラ笑うこともなくなった私ですが、久し振りに笑ってしまいました。その上勉強にもなり、一石二鳥(^O^)
娘や夫にも読んでもらいます(^_^)v
GO旦那さま
GO旦那さま
はじめまして!
コメントありがとうございます。

表紙買いですか!
本当にありがとうございます~。

>生徒へ還元していこうと思っています。つまり『日本人の知らない日本語』の授業化を目論見中。

ああ、そう言って頂けると本当に嬉しいです。
この本はお勉強目的で作ったのではありませんが
そのように使っていただけると喜びも倍増します!

実は私、以前「国語教師」をしていました。
思うところあって退職したのですが、そのときに教頭先生から
「もしよかったら、これからも『日本の青少年の為の教育』に携わってください」
とのお言葉を頂きました。
日本語教師をしながらも、その言葉がずっと胸にひっかかっていたのですが・・・。
これでちょっと気が軽くなったような(まだ早い?)。

ご参考になりそうな本を、となり←に載せておきました。
どうぞお手にとって見てください。
例文が多いので日本語学校では重宝しています。
(持っている日本語の先生も多いと思います)

第2弾、頑張ります!

高校教師さま
高校教師さま
はじめまして!
コメントありがとうございます。

学級文庫ですね?(笑)
みんな読んでくれるかなぁ・・・。
「日本語教師」は高校生でなくても知らないかもしれません。
「日本で日本語を教えるって、誰に?」と言われることもよくあります(笑)
この本でもっと認知度が上がりますように!

さて「を」=「wo」なのですが、そのように発音している地域もあるそうです。
学校でも教える先生によって「『を』は『wo』ですよ」という先生もあるようで・・・。
ざっと読んだんですが、小学校の指導要領では発音にまでは触れられていませんでした。
どうなっているんでしょうか~?

メロディさま
メロディさま
はじめまして。
コメントありがとうございました!

楽しんで頂けて嬉しいです。
実は、何度も推敲していると本当におもしろいのか
わからなくなってきまして・・・
声を出して笑わせれば私達の「勝ち」!
まずはそこが狙いなので(笑)
是非ご家族で笑ってください~!

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
読売新聞の広告見ました~~!!

すごく大きい広告だし、アマゾンなどで1位なんですね。

1位になるのも納得の面白さですもん♪

本当におめでとうございます。

第二弾も楽しみにしてますね~

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
YAYOIさん
先日はありがとうございました!
広告は、すごいですね~。
(って他人事です)
なんだか自分たちの本じゃないみたいです。
ちゃんと書いたんですけど(笑)
しかし、宣伝されればされるほど、第2巻が心配です。
今、頑張ってますけども!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。