--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/11.Mon

今日は暑かったですね~。

一気に夏が来たような感じでしたが・・・春物は仕舞わない方がいいでしょうか。

さて、ブログ拍手のお返事です。

>(○age)さま

「共通語」と「標準語」についてですが、私は特に意識して「標準語」と
言っているわけではありません・・・
いえ、やはり意識しています。

「共通語」というと、なんとなく「世界共通語」(エスペラント語のような)のイメージがあります。
使用言語の違う人どうしが、片言を使ってでも話せる「ことば」のような感じでしょうか。
または、鹿児島弁を普段使っている人が、大阪弁の人と話すときは
大阪弁を使って喋る、といったような。

「標準語」は、その「国語」の中で正しいとされる発音、語彙、文法などの
イメージがあります。
普段「標準語」を使っている人は、あまりいないと思います。
(首都圏で使われている言葉も方言だと私は思っているので)
「標準語」という言葉を使っても「方言を排除」しているとは思いません。
どこの地方に行っても使える「標準語」を教えている、という感覚です。

(「標準語」や「共通語」、「方言」などについて語り出すと
いろいろ長くなるわけですが・・・私の少ない知識であっても!)。

日本語学校によっては「標準語」と言わないところもあるでしょう。
あくまでも私個人の考えです。

しかし。
こんなことを言ってますが、実は「呼び名はなんだっていい」と
思っています(超いい加減)。
真面目に質問してくださったのにゴメンナサイ。



>Vedaさま

今、お勉強中ですか!
現場(日本語学校)は漫画のように楽しいことばかりではありませんが
是非是非頑張って教壇に立ってください。


>HIDEさん

こんにちは!

ご質問
>仕事で上司に用を頼まれたとき、「はい、わかりました」、「かしこまりました」、
「承りました」、「承知しました」のどれが正しい使い方なのでしょう?
「かしこまりました」だとは思うのですが、「かしこまる」は「畏れ敬う」という意味なので
過度すぎるかなという気もするのですが…。

私は会社で働いた経験が少ないので(あるにはあるんですよ)あまりこういうことには
詳しくないのですが、その場の雰囲気で使い分けるということがあると思います。
または、その上司との心理的距離感なども関係しますよね。
(敬語は、相手との親疎の関係も表します)

上司でも、仲の良い、親しい関係なら「かしこまりました」と言うのは大袈裟な気がします。
(たとえ語彙として正しくても)
「承りました(うけたまわりました)」は舌を噛みそうですし(笑)
どれが正しいかは「自分で空気を読んで判断する」ということにしましょう!

これがお客さんに対する言葉遣いなら「かしこまりました」で解決!なんですが。


>erinaさま

そうです、大変だけどやりがいのある仕事です(笑)
なかなか興味深いお仕事です。
ただ、私達の漫画はあんまり参考にならないと思いますよ・・・。
あれは日本語学校のほんの一面、しかもおもしろくていいところを切り取っただけですから。
でも、これから「日本語教師になろう!」と思ってくださる方が増えることは
大変嬉しいです。
頑張ってください!

スポンサーサイト
ブログ拍手のお返事 | Comments(3)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ペンだこって
こんにちは、はじめまして。

日本人の知らない日本語楽しく拝読致しました。

ところで、最近中国人の留学生から「ペンだこって何?蛸の一種?」と聞かれました。
指にできるやつです。
彼女の辞書にはペンだこは載っておらず、一番近い言葉がペンタゴンだったので、混乱した様子です。

一応説明はできましたが、本当に予想の斜め上をいくんだなぁ、と思いました。

あ、でも日本人もほかから見ればそうなんでしょうかね。
灰猫さま
はじめまして!
コメントありがとうございます。

ペンだこ。
そうですね~、ある人もいるし、最近だとない人が多いかもしれないし。
ペンだことペンダゴン、申し訳ないけどちょっとウけました!
予想の斜め上というか、本当に予想外の質問が多くてびっくりします。
(相手は真面目に聞いてますから、笑わないようにするのが大変です)
それにしても、世の中にはいろんな言葉が溢れているんですね。

日本人だとあまり質問しないのかもしれないな~と思ったりしています。
こんなの聞いてもいいのかなとか、恥ずかしい気持ちが先に立ってしまうんでしょうか。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。