--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/05.Sun

コメントから。

すみません。
順番は前後してしまいますが、まずはさくらんさんのコメントのお話から。
(一部省略しています。全文は3月14日の記事のコメント欄に)


**************************

敬語の方向

ところで、敬語について質問なんですが・・・

「おられます」
というのは、本の中での状況では、明らかに間違いなのはわかるのですが、
2方向の敬語として使うのは、現代語ではありえないのでしょうか?

発語者A「Bさんは今おられません」

おる→会話の相手への謙譲
られ→Bさんへの尊敬

という形です。

まあ、状況としては珍しいかもしれないですが。。。
古典ではよく出てくるので、気になります。

**************************

現在使われている「おられる」に限って言いますと。

「おられる」については、ビジネスマナーの本を読むと「尊敬語」として
解説されているものもあるし、「間違いです」としてあるものもあります。
私が今まで使っていた日本語の教科書には記載がありません。

では「敬語の指針」ではどうなっているかというと・・・

「おる」は「謙譲語?」に入っています。
「おられる」は出てきません。
出てこないって事は、いいとも悪いとも書いていないということです。

辞書をひいてみると(goo辞書より)

お-る

[二](補助動詞)
(1)動詞の連用形、またそれに助詞「て(で)」の付いたものに付いて、動作・状態が続いていることを表す。やや尊大な言い方として用いられることがあり、また、「ております」「おられる」の形で丁寧な言い方や尊敬の言い方としても用いられる。

おおー、「尊敬の言い方としても用いられる」との一文が。

しかし、さくらんさんの仰っているような「2方向の敬語」ではないようです。
単に尊敬語としての扱いのような。
なので、「Bさんはおられません」か「Bさんはいらっしゃいません」
という言い方だと敬意の対象はBさんだけです。

また、「おられる」≦「いらっしゃる」という方言(西日本で)があり
それが広まり定着しつつあります。

↑ということを考えると、間違いとは言い切れないけど、どうなんだろうねという結論に。

私は「おられる」はグレーゾーンに入れております。
人が「おられる」を使っていても「ソレ間違い!」とは言わないけど
自分では使わない、みたいな。
そのうち「おられる」も尊敬語になるんじゃないかな~と勝手に思っています。
日本語の教科書に載るようになったら定着したってことにします、私は(笑)


**************************

それと、「お疲れの出ませんように」というフレーズですが、茶道ではよく使います。
お茶会での去り際には必ず使うので、大学生の茶道部員くらいなら、知っているはずです。
わが部の、お茶会待合暇つぶし(笑)帳には、お客様としていらした他大学茶道部からのメッセージがわんさか残ってますv

**************************

「お疲れの出ませんように」
私もお茶の先生に教えていただきました。
本になってから言うのもなんですが、実はあんまりおさまりがよくないと
思っています。
「お疲れのでませんように」と「頑張ってください」はちょっと意味が違いますよね~。
こう・・・「お疲れのでませんように」は「応援してます!!!」というような
熱い気持ちが感じられないというか(笑)
日本語で目上の人を励ますことは出来ないんだろうな~と思っています。
なんかいい言葉はありませんかね~。

さくらんさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト
日本語について | Comments(13)
Comment
ほほぅ
ねばも色々と考えてみました。

日本語の持つ敬語なる文化。
それはとても素晴らしいものです。
しかしそれは、
時に人を傲慢にしたり
時に人を卑屈にしたり。

敬語とは、
相手を思いやる言葉であり、
相手と対等に話せる言葉であり。

ねばは思います。
”偉い”のと”偉そう”なのは違うと。

仮令、大会社の社長さんでも
新入社員に敬語で話される方も
いらっしゃると思います。

要は、励まされる側が
素直に喜べばいいものを、
「誰にモノを言ってるんだ!!」
みたいに考えてしまうから
ちょっとずおかしくなっていって…。

因みにねばは、年下の子にでも
「頑張ってください」と言われると
とても嬉しいです♪

アメリカの方々みたいに
もっとオーバーアクションで話せば
言葉に気持ちも乗せられるのでしょうが、、、
日本人は言葉だけに全てを託しているのですね。
No title
お疲れの出ませんように・・・茶道は私も少々嗜みますが、あまり関東では聞かないような・・・と思ったら、そもそもお茶事についぞ出ていませんでした、私(笑) 水屋のヌシです(おいおい) そしてひとつ思い出したのが、大昔、祖父母が“お稼ぎなさい”というあいさつをしていました。お商人ことばです。一般の、さようなら、のごめんくださいと同じタイミングで使いました。商人同士だと、目上目下はそれほど感じなかったなぁ、とも。 今は使う人どころか、覚えている人さえいなくなってしまった言葉です(笑)
ねばイエロ~さん
そうですねぇ、敬語っていろんな面を持っていますね~。

私は少々ヘンでも気持ちさえこもっていれば、
どんな言葉でもいいんじゃないのかな~と思っています。
一生懸命さは伝わりますから。
でも伝える方になると「失礼のないように」とか「誤解されないように」と
深く考えてしまうんですよね。
それでかえってうまく言えなかったりして。
ムズカシイです。

> 日本人は言葉だけに全てを託しているのですね。

会話のときでも「行間を読む」時があるような気がします。
「間」とか「タメ」とか「視線」とか・・・。
これを敏感に感じ取れる外国人学習者は、日本語の上達も早い気がします(笑)。
日本人でも「KY」な人がいるんですけども!
(最近は『KY=漢字読めない』という意味で使うこともあるそうですが)

あ、ねばさんの(コメントの)記事、もう少々お待ちください~。
ゆれさん
お疲れのデマ専用に。

私のPCはこのように変換してくれます。
意味がわかるようなわからないような・・・。
もうちょっと一般的になってくれると日本語教師としては嬉しいです。
言われた日本人がわからない言葉じゃ授業で教えられないから!(爆)

ほー、「お稼ぎなさい」・・・これまた直截な(笑)。
京都では「おきばりやす」と言う言葉があるそうですが
これは「頑張ってね~」くらいの意味ですね。
別れ際に言うことが多いので「お稼ぎなさい」と意味は近いんでしょうか。
(使うのは商人だけじゃないですけど)

こういう決まり言葉って残しておいてほしい・・・(涙)
No title
なぎこ先生、ありがとうございました。
「おる」の尊敬使用が認められてるんだ~
と、不勉強っぷりを反省しないといけない呟きを漏らしてしまいました(汗)
なんとなく、不思議に思っていた「おられる」が「グレーゾーン」というのには、私も同感です。
あと、私自身は年下でも目下の人でも、「頑張ってください」って言われるのは、嬉しいようなココロが痛いような・・・

第2弾の発行でお忙しいかと思いますが、なぎこ先生も頑張りはほどほどにして、お疲れの出ませんように(笑)
さくらんさん
>「おる」の尊敬使用が認められてるんだ~

「敬語の指針」では軽くスルーされていたんですが・・・
辞書に載っているんですね。
一体どっちなんだ!(笑)

>頑張ってください

ちょうどいい(と自分が思う)言葉がないので学生に質問されると困ります。
(学生は「あるはずだ!」と詰め寄ってくるし)
こういう言葉の「新語」はなぜ出てこないんでしょうね。
誰か考えてください・・・。


承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
No title
精進して下さい……もおかしいですね。
より一層のご栄達を、やご武運を、では駄目でしょうか。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
しんさんへ
丁寧に言おうとすると、どうしても漢語を使ったかたい表現になりますね~。

「ご武運を」って、「歴女」はもう使っているかも!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。